中古車査定サイトの活用法

新車のセールストークはまったく逆?

価格の話はあと回しにするという方法もることを知っておく必要があるのです
まず黙祷もある事例として新車を購入するケースを見てみましょう。これはとても重要です。
皆様も体験があるかもしれませんがじつは、自動車ディーラーにおいて新車の場合はセールスマンがお客さんに「ご予算はいくらくらい?」と聞くケースは皆無でありまずありません。これは当たり前ですね。
なぜなら、どの販売店も価格に応じた車種を構成しており予算や要望に合わせたクルマを一応は用意できるからです。
よって自動車ディーラーの営業マン、すなわちセールスマンとお客さんの商談は、「このクルマをちょっと見にきたんですよ」、「では、試乗でもしてみますか」という一般的な会話に始まり、ディーラーのセールスマンが顧客が持っているいろいろな要望を聞きだす過程でその顧客の懐事情を鑑みて価格の話が出てきたりするようになります。
逆にいうと、こういうことです。新車は基本となる車両価格は決まっているので、顧客の予算に合わせて車を探したり選んだりすることができにくい。これはメーカーの戦略でもあると言えるでしょう。
自動車ディーラーつまり販売店としても、定価のある新車の場合において価格を商談の材料とはしにくく、もし価格で折り合いがつきにくそうであれば、高いなりやすいなりの別の車を紹介するしか方法がなくなるのです。

 

もし新車を買うときは、メーカーやディーラーは用意しているオプションを「全部のせ」してみよう
通常一般的に新車を買うときにはどのようなポイントがあるのでしょうか。あなたは新車を買うつもりになって真剣に考えてみてください。
いまは、どのディーラーや系列の販売店でも新車についてはクルマ本体についてだけの商談をまず行ううことが一般的だと思われます。その後、ナビゲーションやアルミホイールなど内外装ともにさまざまなオプションをつけ、気に入った車の仕様を考えトータルでクルマの価値を高めてより高い金額で販売しようとします。
これは本当によくある事ですが「150万円の新車が、ディーラーの営業トークによって様々なオプションをつけてしまったところ結局のところオプションをつけてもらったら180万円になったそういう話はよく聞くところなのです。
さらに言うとそこに諸費用を加えて200万円強の買い物になってしまうのです。「思ったより高くついたな」といった不満はよく聞く話で、これによって新車購入を諦めてしまうケースもよくあるのです。
人気のオプションについては原価に組み込まれているので、ディーラーや系列の販売店の営業マンおよびセールスマンも、「いま、ご購入いただけると、このオプションはサービスします!」ととても魅力的で、さも景気のよい話をしてくれますが、これに騙されてしまってはいけないのです。
そして、ディーラーも商売ですから、できるだけ自社の利幅の大きいところで購入をすすめるのです。
ところが、お客さんとしてはこういった営業トークにまんまと騙されてしまいますが、こうした「サービスします!」といった口車”に乗って喜んでばかりだと絶対にソンをします。
なぜなら、クルマ本体の価格は製造原価に利益を乗せて顧客の販売価格が決まっているのと同様に、またオプションも製造原価に利益を乗せていわゆる販売価格が決まっているので、まずはこの構造を理解しておく必要があると言えるでしょう。結局のところそこを見過ごすことは、結局、ディーラーにおける値引きのやりようがあるのを見過ごしてしまうことになるからです。
ディーラーの営業トークのままにオプションを積み重ねて全体の販売価格をはじき出してしまう事はとても危険で、利益ばかり追求するディーラーの積算方式”では、販売店からすると、ディーラー側に置いての利益幅もどんどん膨らんでいきます。
それは、購入するお客さんからすれば、値引き交渉を前提としたちゃんと商談すれば値引いてもらえるのに、オプションにばかり目がいってしまい値引きしてもらい損ねることになるのです。
これまで車を乗り継いできた私のおすすめする方法は、「いったんオプションを全部つけてもらって最も高額となりうる総額を出してもらい、全体の金額をまず把握することでしょう。そしてその上でその総額の値引き交渉をしたうえでディーラーが進めてきたが自分にとっては必要のないオプションを外してもらう」ということです。これにより本当に必要な自分にとっての車の状態が把握できるのです。
こういう事はまずありませんが「原価割れしてもかまわない」というわがままな姿勢でディーラーおよび販売店と交渉しているのではなく、あくまで総額の値引き交渉もできているのですから、ディーラーおよび販売店側も納得せざるを得ません。
私のお勧めするその値引き交渉をやってみると、あなたが買おうとしているそのクルマについて、ディーラーが進める状態ではなくあなたにとって「どのあたりの全額が値引き交渉の限界か」という線も見えてきますので、やはりこの方法が最も有効なのです。そのあなたにとって妥協できる線が見えれば「カシコイ買い物」が絶対にできるわけです。

 

ちなみに、この購入法には上級者が使う応用もあります。
たとえば、クルマのオプションの代表例はマルチディスプレイ的なカーナビですが、最初は一番高いカーナビをつけてもらい、ディーラー側を喜ばせるのです。その上で営業マンおよびセールスマンと総額交渉し、予算を10分考慮し最終的に、「実は予算がないから、一番安いカーナビにして」と、申し訳なさそうに伝えるのです。
まぁこれは1種のトリックではありますがそれだけでも、同じクルマを数万円は安く買えます。ディーラーにおいてクルマを買うときは、買いに行く前からや最初からただ「購入金額を安く抑えればいい」と思っていませんか? 
その考えをちょっと大きく変えてディーラーとの交渉方法を工夫してみてください。たったそれだけで、ディーラーにおいてカシコイ買い物ができるのです。

 

 

ちなみに、新車を買うディーラーにこれまでの愛車を下取りを出してはいけません
絶対に損をします。

 

1円でも損をしたくない!というあなた。
愛車は「車買取一括見積サイト」を通じて、手放しましょう。

 

複数の車買取業者があなたの愛車を無料で査定してくれます。
そして、どの業者もあなたの愛車を買いたがるでしょう。

 

そうなれば、オークションの要領で、価格は吊り上がります。
間違いなく、あなたは得をします。

 

騙されたと思って、登録してみてください。
絶対に後悔はしないはずです。